モテないのはあなたの価値が低いから!簡単にあなたの価値を10倍にする方法

なぜあなたには女が寄ってこないのか?
それは、あなた自身の「価値」が安すぎるため、もしくは、あなたの価値を知る女がいないからですね。
つまり、あなたの「価値」が上がって、あなたの「価値」を、周囲の女に知らしめることが出来れば、頼んだわけでもないのに、あなたの周りに女は群がります。

例えば、エルメスってご存じですよね?バックとかの?
なぜエルメスのバックが何十万円もすると思いますか?
「それだけの価値があるからじゃないか?」
という人もいると思いますが、当然、原価はそこらにある同じ素材を使って作られたバックと大差はないですよ。
しかし、値段は数十万円。中には100 万円を超える物もありますからね。

なぜでしょう?
答えは、
「安いと売れないから」
これに尽きるんです。安いと売れないんですよ。
「安い=良い物ではない」
とか、思われたりしてね。

そもそも「価値」というやつは誰がつけると思いますか?
「客」ではないですよ。
エルメスが・・・販売者側が「価値」を決めているのです。
販売戦略に乗っ取ってね。

男の「価値」もまったく一緒です。
女に「値踏み」させていたのではいつまで経ってもあなたの「価値」は上がらない。
そもそも、ダイヤとイミテーションの違いが分かる女なんてわずかなんですから。
あなたの「価値」を正当に判断出来る「女」なんてそんなにいませんよ。
あなたの価値を正当に判断出来る女と出会うのを待っていたって一生の内、そうそう何人も現れるものではない。
それは、ある女にとって、あなたは最高に価値のある「男」だとしても、ある女にとってあなたは価値はない男だからです。
これは、皆一緒です。格好良いとか格好悪いとか関係なくね。

そして、あなたに「価値」を見いだしてくれた女と、あなたは「結婚するかしないか?」を選択し、いづれ結婚していくわけですね。
つまり、あなたに「価値」を見いだしてくれる女が現れるまで、あなたはあてもなく待つんですか?ということです。
それでは、一生モテないわけですよ。

では、どうすればいいのか?
自分の価値は自分で決めてしまえば良いわけです。
自分という商品が一番売れるであろう「値段」を自分でつけてしまう。
つまり、あなたは自分で自分のことを、
「オレは高級なダイヤモンドですよ」
ということを、相手の女に知ってもらえばいい。

あなたが、やらなければならないことは、
相手の女にとって最高に価値のある男になり、それを相手に知ってもらうことだけ
そして、そのために必要なことは、女が価値を見いだしてしまう要素を利用するんです。

その要素とは、
「希少性」「権威性」「恐怖感」「金銭欲」「快適性」「Interest(興味)」「美の欲求」「性欲」
この8 つの要素をうまく利用することが出来れば、女は自らの意志であなたのもとへやってきます。
(その要素はこの8 つ意外にもありますが、この8 つの要素には女が自ら進んでYES と言ってしまう強烈な魅力がありますからね)
もちろん、相手によって、この8 つの要素の内、どの要素に最高の価値を見いだしてくれるのかは人によって異なりますが、相手からそれを推察する、またはこれらの8 つの要素をまんべんなく満たしていくわけです。

「芸能界詐欺」なんてのがあるのはご存じですか?
例えば、ちょっと可愛い子に声をかけて、
「自分は芸能プロダクションの者ですが、キミ可愛いね♪○○ってドラマ知ってる?そうそうあのドラマに出てる女優の○○なんかがウチのプロダクションなんだけど・・・興味があったら一度見においでよ。キミなら結構いけるかもしれないよ・・・」
なんて、声をかけて、最終的には、登録料だのレッスン料だのを搾取する詐欺。

これは、どこまで行っても詐欺ですけどね。
これなんか、詐欺師は自分で自分の価値を作りだし、それを相手に伝えることによって、相手の女を騙す、典型ですよね。

これは、
「希少性」「権威性」「金銭欲」「快適性」「Interest(興味)」「美の欲求」
と、8 つの要素のうち実に6 つの要素を満たしている。
これくらいやれば、そこら辺の女なんて簡単に引っかかってしまう。
これは、金銭目当ての詐欺ですけど(笑)

これを実際に、金銭目当てではなく、女目当てで、これと同じことをやっている男は本当にたくさんいますよ。
つまり、相手から奪うのはお金ではなくて、相手の女自身って事ですね。
相手からお金を引き出すことよりも、もっと簡単に出来てしまう。
「そんなの卑怯だ」「そんな事は出来ない」
なんて声が聞こえてきそうですが、誰でも似たようなことをやっているわけですよ。
おそらく、あなたでもね。

「オレの知り合いの知り合い歌手の○○と付き合ったことがあるんだって」
「オレの親父が会社やっていてね」
なんてね。
これと同じですよ。やっていることは・・・。
「好きな女の前でちょっと格好つけるため」
似たようなことを言ったことがある男なんて、それこそほぼ全員ではないですか?

それが、芸能詐欺のような所までやらないのは、そこにあなたの道徳観や罪悪感やプライドが邪魔しているだけなのです。
もし、そんな感情を取り除いて、例えば、とにかく女と付き合う・・という目的にのみ没頭した時、誰もがこれに似たようなことをやれるわけです。
もの凄い効果があるから!!

余談ですが、少し前にニュースになった、大手広告代理店「電通」子会社の社員は、クラブやキャバクラに行くと、ホステスに必ず言っていたことがあるみたいですよ。
「電通に勤めています」
とね。
たった、それだけのことでプロ?(ホステス)を口説き落とせていたのですからね。

ホステスは、「電通」という権威性と金銭欲に引かれて勝手に彼の元へ集まっていたわけです。
たったそれだけのことでね。
この、心理誘導も一緒ですよ。

心理誘導と言うとちょっと分かりづらいかもしれませんので、あえてここでは催眠術の話にさせていただきますが・・・

例えば、あなたが女に催眠術をかけるとして・・・
最も手っ取り早く女を催眠誘導するにはどうしたら良いかわかりますか?

それは・・・
あなたの事を一流の催眠術師だと女に信じさせてしまえば良いのです。
もしあなたに催眠術の技術がなくても、それだけで女は催眠術にかかってしまうわけです。
ま~、あなたのことを一流の催眠術師だと女に信じさせてしまう行為自体が最高の催眠誘導なんですけどね。

つまり、あなたの価値を女に知ってもらいさえすれば、女はいとも簡単に落とせます。
この行為自体が心理誘導であり、女の脳を欺く技術なわけですね。

さて、あなたは自身の道徳観やプライドや罪悪感を優先し、モテない人生を歩みますか?
それとも、目の前の女を手に入れるために、8 つの要素を利用して女の脳を欺きますか?
時には「芸能界通」時には「一流商社管理職」時には「金持ちのボンボン」
時には「IT企業経営者」時には「弁護士の卵」時には「占い師」・・・など、女があなたに最高の価値を見いだしてくれる要素を身にまとって、女を手に入れる・・・。

これは、やり方がスマートだとは言えませんが、これも効果が最高レベルの心理誘導なんですよ。
やり方次第では、女の10人や20人を1日で落とす事が出来るくらいのパワーがある心理誘導ですね。

このページの先頭へ