女のタイプ別攻略法【優柔不断・自己完結型・嘘つき】

これは簡単に言えば
「タイプ別攻略法」
ということになるのでしょうか・・・
いや・・・ちょっと違うんですけどね。
けど似たようなものです。

要するに、女の人格を3タイプに分類し、そのタイプにあった心理誘導を仕掛ける事によって、その効果・・・心理誘導の効果を2倍3倍に高めてしまおうということです。

心理誘導と言っても、もちろん万能ではありません。
コミュニケーションに万能・100%などと言う言葉はありませんからね。
ハッキリ言って、女が100人いれば100通りの攻略法があってしかるべしなのです。
ただそこには、類似するポイントがあるというか・・・
いくつかの共通点というのが人間の人格・性質には存在するんですね。

そこで、女の人格を3タイプに分けて攻略していくのです。
本当は目の前の女にあった攻略法を瞬時に見分けられれば一番良いんですけどね。
ただ、それは経験や体験を積み重ねる事によってのみ身に付けられることですから、そこはあなたが経験や体験を積み重ねていく過程で徐々に身についていく事でしょう。
それと、ま~100通りをここで説明するわけにもいきませんからね(笑)
ですから、まずは女の人格を3タイプに分けて攻略していきましょう。

まず最初に・・・
女が持つ人格を3タイプに分類してみると・・・
1、 依存性逃避性人格を持つ女
2、 自己完結性人格を持つ女
3、 嘘つきな女

この3タイプは女に最も多いタイプで、この3タイプを想定して攻略していけばまず外すことはないと思います。

そして、まずは1の「依存性逃避性人格を持つ女」に関して・・・
簡単に言って、このタイプの特徴は、「何食べようか?」「何したい?」「どこ行くか決めて?」などと『何かを自分で決めなければならない』場面に際して自分では決められないのが特徴で・・・
常に誰かにリードされていたいと潜在的に思考しているタイプですね。

もっと言えば、誰かに命令されるがままに動いていた方が楽だし、嫌われることもない、消極的で、自分自身に自信が持てず、常に他人の目を気にしている、そんなタイプの女です。

このタイプの女は非常に多く、私的に言えば最も口説きやすいタイプの女だと言えます。
このタイプへの対応としては・・・
自らの「自信」と「余裕」を強調し、常に女に対しリード感を与えることによって、女はそれに対し無意識レベルで安心感・親近感・信頼感を持つようになります。

ですから、このタイプへの心理誘導としては、大枠ですが「疑問系」以外の心理誘導の方が向いていると言えますね。
ちなみに「疑問系」の心理誘導が駄目だと言っているわけではなく、このタイプに「疑問系」を仕掛けた場合、その言動・挙動に反応が薄いことが多く、その女の態度から心理誘導の効果を読み取るのが難しいですからね(笑)
「この女、何考えてるのか全然わかんね?」
みたいな(笑)

その女から何かを読み取るには経験も必要ですからね。
ですから、このタイプへは、大枠で「疑問系」ではない心理誘導の方が向いています。

そして、2の「自己完結性人格を持つ女」に関して・・・
このタイプの特徴は一言で言って
「しっかり者」
ですね。
自分の考えをしっかりと持ち、理想をしっかりと持っているようなタイプだと言えます。

また「自分至上主義」「わがまま」「利己主義」のような一面も持っている。
だからと言って性格が悪いということではありませんよ(笑)

ただし、このタイプが崇高なのかと言われると、そうでもない。
一度こうと決めたらその考えをなかなか曲げない程の「頑固さ」を持ち合わせている反面、何かに失敗したりすると途端に自信を無くし、そのことから引きこもりになったりもする。

このタイプへのタイプとしては・・・

実はこのタイプ、自分では自分のことを強い人間だと思っている所があるが実は自分で思っているよりも強くない。
本当の意味でのしっかり者なんてそんなにはいないという事ですね(笑)
とくに歳が若い程その傾向が強い。

ですから、このタイプへの心理誘導としては「脳」を「思考」を揺さぶるのが一番。
例えば、目に見える程の優しさを投げかけておいて、一転して冷たくしてみるとか・・・

このタイプの女が持つ常識・日常とかけはなれた言動・行動・場面を見せることによって、このタイプの女の思考・脳をかき回すことが出来るわけです。

また、先ほども言いましたが、このタイプは一度崩れると平常心を取り戻すまでに時間がかかる人が多いので、とにかくその人の「日常」を崩してしまうのが早いですね。

そして、3の「嘘つきな女」に関して・・・(笑)
いや~この「3」に関しても「なんとか性人格」とかにしようと思ったのですが、この「嘘つき」が一番分かりやすい(笑)

このタイプの女も相当いますよね。
とにかくその場が全てというか・・・
その場その場で対応しているから言動・行動に一貫性がない。
つじつまが合わなくなってきてしまうタイプです。

このタイプを分かりやすく言うと、目立ちたがり屋で自慢が好きで全てが大袈裟。
良く言うと、人なつっこく、たとえ初対面でも物怖じせず、
異性とでも慣れ親しみやすいので、人気者だったりすることも多いですかね。

ただし、よく知るとけっこうウザイ。

このタイプへの対応としては・・・
まずは、女側がではなく男性側が
「惚れられている」「好かれている」
などと勘違いしないこと。


よく間違えるんですよ。このタイプは誰とでも気楽に喋りますからね。
「もしかして、オレに気がある??」
なんて考えていると女の仕掛けた罠にはまってしまう。

このタイプは褒められることや認めてもらうこと、注目を集める事が大好きですから、そのための努力をしっかりとしていますからね。
当然、そう思ってもらえるような態度を取ってくるわけです。

そのために「もしかして、オレに気がある??」なんて思ってしまったら、こちらの負け・・・後は女の良いように扱われてしまうのがオチなんです。
ですから、まずこのタイプへの対応としては、騙されないこと。

女を欺こうというのに逆に欺かれてしまったのではその後どうにもならないわけです。

このタイプの攻略は・・・
「褒める」こと。
ただし、「可愛い」とかではありませんよ。
相手はあなたにそう言われたくて努力しているわけですからね。

ここでの「褒める」は、例えば、普段は相手のペースに合わせておいて、ふと真面目な表情を作り
「お前良い奴だな・・・」
「お前優しいよね・・・」
「大丈夫?」
などという対応が良いですね。

なぜなら、このタイプは半面、「寂しがりや」「自信がない」「自分に嫌悪感を持っている」ことが多く、褒められたり注目を集めたりする事に飢えているようで、本当はそんな「人格」「その人そのものを認めてもらいたい」という欲求を持っている。

ちょっと分かりづらいかも知れませんね・・・。
簡単に言えば、このタイプは常に「私を見て~」と言っているわけですが、周囲は表面的な部分しか見てくれないわけですね。

本人にとってそのこと自体はもちろん嬉しいことなんですが、そこには虚構感を感じているわけですね。
「なんか虚しい・・・」「寂しい・・・」みたいなね。

ですから、もっと深い部分、つまり自分自身そのものを相手から認められると、このタイプは本当にコロッと落ちてしまうわけです。

このタイプの女も本当に多いですよ。
そして、この3タイプに女を分類することが出来れば、その後のコミュニケーションの方向性は見せてきますよね?
もちろん、細かい部分の修正は必要ですが・・・
その細かい所はここでお話しすることは私にも無理ですからね。

ただ、今、私が話したことを軸に据えて、目の前の女を分析していけば大きく間違ってしまうことはないと思いますよ。
あなたがこれから欺いてしまおうと思っている女がどのようなタイプなのかをしっかりと見極めることが出来れば・・・
後は、その女と深い関係になることは難しいことではありませんよ。

このページの先頭へ