女の悩み事や秘密・内緒事をたった2 つの言葉で聞き出してしまう心理誘導法

女の悩み事や秘密・内緒事、考えていることなどを僅か2 つの言葉で聞き出してしまう心理誘導法をお伝えします。
つまり、たった二言で相手から情報を引き出し、尚かつ、相手に圧倒的な信頼感も植え付けてしまう心理誘導です。

女と付き合うことが出来る関係まで持ち込むために重要なことは・・・
女の心の奥底まで覗く
事です。
女が、親にも友達にも話せない・話した事がない、心の奥にしまってある「悩み」や「秘密」を聞き出して、「共有」すること。
これが出来れば、どんな女も簡単に落ちますからね。

それでは、その心理誘導を、二言と共に、その仕組みや相手の心理も併せてお伝えしていきましょう。

まず、一言目は・・・
「今、何考えてるの?」
「何か悩みごとでもある?」
「何か良いことあった?」
「何か嫌なことでもあった?」
「元気ないね」
などという、相手の女から聞きたいことが一言目になります。
この時、あなたは相手の女の状況(感情)に応じた表情を作り、この一言目を投げかけて下さい。
ポイントは、少し心配しているかのように言葉を投げかけることです。

別に女が本当に悩んでいたり悩みことがある必要はありませんよ。
これらの言葉は誰もが少なからず持っている心を刺激する言葉ですからね。
これはただ単純に聞いているだけにしか相手の女には感じられませんが、この言葉は「悩みや秘密を聞き取ってしまう心理誘導」の入り口へと女を誘い込むための一言となります。

相手の思考としては・・・
当然、聞かれた事に対する答えを思考することになります。

そして、肝心の二言目・・・
言いたくないことは言わなくても良いから、これくらいだったら話してあげても良いかな?って思えることだけで良いからオレにも話してみてよ♪
これが二言目。
ここに心理誘導が隠されているわけです。

ポイントは、あまり大袈裟に言うのではなく、あくまでも軽く言うことです。
この時、相手は・・・あなたからの
「言いたくない事は言わなくて良い」
という言葉に対し、
「言いたくない事は喋らなくて良いんだ♪」
という
「大きな安心感」
を、まずは手に入れることが出来ます。

この安心感は、相手の心のガードを低下させます。
そして、あなたからの・・・
「【これくらいだったら話してあげても良いかな?】
って思えることだけで良いからオレにも話してよ♪」
と言う言葉に対し・・・
「何かを話さなければ申し訳ない」
と相手の女は思考することになるわけです。

人には、他者と友好的な関係を構築し維持しなければならないという「親和欲求」があり、例えばこの場合、「オレにも話して」というあなたからの要求に対し、この「親和欲求」が働き、「何かを話さなければ申し訳ない」という罪悪感にも似た思いから「話すこと」を探し始めるんです。

そして、最初の一言、
「今、何考えてるの?」「何か悩みごとでもある?」
「何か良いことあった?」「何か嫌なことでもあった?」
という言葉の中から、その「答え」を探し出し始めます。

例えば、あなたからの最初の一言が「何か嫌なことでもあった?」であれば、女はそこから話すことを探し始めることになります。
嫌だったことなんて誰でも2 つ3 つ持っているものですからね。
本来、頭の中で考えていることは、正直に話しづらいことなんです。
それが秘密や悩みごとであれば尚更正直に話すことが出来ない内容になります。

つまり、秘密や悩みごとは「絶対話せないこと」という1 つの概念や思考なんです。
そこを・・・
「【これくらいだったら話してあげても良いかな?】って思えることだけで良いから」
というフレーズが、女の思考に変化を生じさせます。

女は、
「これは絶対話せないから・・」
「これくらいだったら話しても良いかな?」
と考えるようになり、例えば本来1つの「話したくない」という気持ちが・・・
「これは絶対話せないから・・」
「これくらいだったら話しても良いかな?」
という2 つの思考に分離されてしまうのです。

そして、心の中で・・・
「これくらいだったら話しても良いかな?」
と思ったことを女は話し出すことになります。

相手の女にしてみれば、
「これくらいだったら話しても良いかな?」
と思ったことを話しただけに過ぎないのですが・・・人の心というのは、それだけではなかなか収まらないように出来ています。

この時点でも最初の言葉である
「言いたくないことは言わなくて良い」
という言葉に対する安心感と罪悪感は消える事はなく・・・心に残っている
「これは絶対話せないから・・」
と考える部分の中から、再度
「これは絶対話せないから・・」
「これくらいだったら話しても良いかな?」
という2 つの思考に別れていくのです。

そして、一度2つに分けられてしまった思考は、何度でも2つに分けられていくこととなり、最終的には相手の女はその全てを話してしまうことになります。

これは、催眠誘導にも使われている「分離法」に基づいた心理誘導です。
また、話してしまった内容が、話しづらい内容であればある程、「秘密の共有」という感情が大きくなり、あなたに対して信頼感、親密感を持つようになります。

以上が、簡単な解説なのですが・・・
私は、この心理誘導を初対面の相手にでも仕掛けることが出来ますが・・・まず最初は、
相手の女と多少は話せるようになってきた時
例えば、相手の女と食事している時、お酒を飲んでいる時、話し込んでいる時、そんな時を見計らって、この心理誘導を仕掛けてみてください。

あなたが慣れてくれば、私と同じようにどんな時でもどんな場面でも状況に応じてこの心理誘導を仕掛けられるようになります。
そして、この心理誘導を仕掛けた後、女の態度を観察してみて下さい。
完全に今までの態度とは違っていますから。

この心理誘導の効果は凄いですよ。
どんな女とも一発で仲良くなれますからね。

このページの先頭へ