告白のタイミングは?1度目のデートで告白し付き合おう

会話はとにかく女性にさせてください。
あなたの話はどうでもいいのです。
家族や職場や対人関係の不満、それに愚痴が、彼女の中から空っぽになるまで話をさせるんです。
空っぽになるまでです。
そしてアドバイスは禁物です。
年上からのアドバイスは説教されたような感覚になるからです。
とにかく共感します。全てを受け入れてください。

「お店では明るいのに本当は寂しいんだね」
「誰にも解ってもらえず辛かったでしょ」
と言って、彼女の影の部分を理解してください。

「言ってる事はよくわかるよ。でも・・・。なかなか女性がそんな話をしてこないんだよね…」
OKです。そんなケースもあります。
その場合は、先にあなたの話をしてください。
自分の過去
誰にも言えないようなこと(影の部分)
を話してください。
先にです。

●昔悪かった話
●昔傷つけた人への罪悪感がある話
●親の話
●繊細で暗い部分をもっている話

そうすると、自然に会話がそっちの方向に行きます。

次に、彼女がしゃべりやすいように暗示もかけておきます。
強がっているけど本当は凄い寂しがりやだとか、ワガママな子が好きだと言っておくんです。

こんな会話はどうでしょうか?
少しあなたの過去の暗い話をしてから・・・
あなた:「実はオレってワガママなコが好きなんだよね
彼女:「ウソ~!変わってる」
あなた:「ワガママなコって自分に正直だからね。オレって強そうに見せてるけど本当は凄い寂しがり屋だから、自分に素直なコと一緒にいたいと思うんだよね」
彼女:「へ~そういう風には見えないね」
あなた:「テレビ見てドラマやドキュメント見てよく泣いたりするしね。●●もワガママでょ」
(これはテクニックなのですが、直接「好き」というと煙たがられますが、間接的に「好き」というのは、女性はみんな喜びます。彼女の特徴を好きというテクニックです。このシーンで、ワガママの価値があがっているのが見えますか?)

彼女:「うん。わかる?」
あなた:「わかるよ。オレと同じ感じがする。●●も寂しがり屋でしょ」
彼女:「う~ん・・。そうかな」
あなた:「じゃあさ、子供の頃ってどんなコだった?子供の頃の一番楽しかった思い出ってどんなの?」
(これはTさんの実際の会話の流れなんですが、結構強引なのがわかりますか?話の流れなんてある意味無視しています。目的がハッキリしている…この場合、「子供の頃の話を聞きだす」「自分がワガママ好きで寂しがりやを伝える」「彼女がしゃべりやすいようにする」と決めているのです。これくらい強引でも、相手は違和感をもちません。
こういったテンポで、自分の話を先にしておいて、今度は彼女の話を聞きだします。

ここで、気になるのが「お酒」です。
聞き出している間はお酒を飲ませますが、無理強いはしないでください。
グラスが空になったら注ぎたす
お代わりを頼む
これだけは忘れないようにしてください。

Tさんの話です。
『昔のビールのCMで谷村(アリス)さんが「僕は酔うと少しエッチになります」といったCMがありましたがそのCMに凄く共感していました。男性特有のものと思ってましたが、女性も同様のようです』

これは最近の私のテーマなのですが、人間はみんな原始人になりたいと思っている。
つまり、本能のままに生きたいと思っているのに、後付の「ルール」や「社会」や「理性」が邪魔して、苦しんでいると思って言います。
周りを見ていると、本能に素直な人が成功しています。

ちなみにお金は本能ではないですよ
人間が勝手に決めた価値です。
それで、お酒を飲むと女子高生も恐いOLもおばあちゃんもみんな理性が弱くなって、自然な姿になります。。

「さて、彼女の愚痴を聞きだしたぞ!」
「いいムードになってきたぞ!」

何度も言わせないで下さい…
あなたの目的は、店の外で楽しくデートする事ではなく、その女性を彼女にする事です。
さて、ホロ酔いの彼女を目の前に、あなたならどんな行動をとりますか?
カラオケに行く⇒
焼肉を食べに行く⇒
オシャレなBAR に行く⇒
もし、あなたが「俺は若い子とカラオケに行きたいんだ!」というのであれば、それでいいのですが、付き合うことが目的ならもう遠回りはしないでください。
あなたの目的が「彼女と付き合う」なら、カラオケに行ったり、焼肉を食べたり、BARに行くのは、だんだん男女の交際から遠くなっています。

まず、基本的な「考え方」です。
これがずれてしまうと、色んなシーンであなたは迷う事になります。
絶対的な「指針」だと思ってください。
いいですか?

若い女の子と交際するには…
選択肢を与えるな
という事です。
女性に考えさせたり、時間を与えてはいけないという事です。

「トンネル」をイメージしてください。
一本道ですよね。
右にいこうかな?
左にいこうかな?
そんな選択肢はありません。
あるのは「まっすぐな道」だけです。
ですので、今、心に決めてください。
「トンネルの出口は若い女との交際」

一緒にご飯を食べたり、カラオケも楽しいかもしれませんが、あなたはその女と付き合うんです。
ここがブレてしまうと、色んなところで迷ってしまうので、強く決心してくださいね。

「告白するタイミングはいつですか?」
今です。
実は、Tさんの話だと最初のデートの時が、一番成功率が高いといいます。
ちょっとここでおさらいすると…
1 初めてお店に行く
2 メールアドレスを聞く
3 メールで営業がかかった日に、一度断ってから、サプライズで行く
4 耳元で「好きになっていいですか?」とささやく
5 アフターに誘って、デートの約束をする
その最初のデートで…
6 告白する

会って3回目が高確率だということです。
そしておもしろいのが、2~3度とデートすると、告白の成功率が下がるという事です。
最初のデートで決めなくてはいけません。
これが出来ない人が多いのでは?と思います。
トンネルの出口は男女の交際です。
選択肢を与えてはいけないですし、「お金への興味」や「ただの話を聞いてくれるいい人」にシフトさせてはいけません。
最初のデートで、必ず告白すると、今決めておいてください。

このページの先頭へ