強制的に相手のパーソナルスペースに入り親密度をあげる方法

人にはそれぞれ無意識に心理的私的空間というものを持っており、それをパーソナルスペースと言います。
これは、例えば自分の近くに誰かがいる場合、親密な人とであれば近距離でいてもストレスを感じないが、それが他人だとストレスを感じてしまうといった距離のことです。

このパーソナルスペースの大きさには個人差がありますが、人は一般的に自分から約50 センチ以内のスペースに近づかれた時にストレスを感じないのは恋人や家族などの親密な関係を持つ人だけだと言われています。

これを逆に考えれば、女にストレスを感じさせることなく自然に相手のパーソナルスペースに侵入出来れば、女に親密な関係だと無意識に認識させてしまうことが出来るというわけです。

ちょっと解説が長くなりましたが、簡単な話、ターゲットの女といつも近距離にいることが出来れば、女の無意識があなたのことを親密な関係だと認識してしまうということですね。
つまり、相手の女の脳を欺いてしまえるというわけです。
無理矢理、女のパーソナルスペースに入っていけば、当然女はストレスを感じ自己防衛本能が働いてしまいますので、女がストレスを感じないように距離を詰めなくてはなりません。

その方法ですが・・・簡単なことなんですよ。
そんな状況を作り出してしまえば良いだけです。
例えば、プリクラ。
たまたま近くにあるプリクラの機械を見て
「プリクラ撮ろうよ♪」
って言って、拒否する女は余程のことでもない限りいませんからね。

肩を組むことも、顔をくっつけることさえも全てがその場のノリです。
少なくてもプリクラを撮る時の距離はほぼ0距離なわけです。

他にも例えば、満員電車。
移動の際に偶然電車が一緒になったってのも良いですが、その偶然を必然にしてしまっても相手にとってはそれはあくまでも偶然ですからね。
こう考えていくとまだまだたくさんありますからね。

つまり、必然的に女と0距離になれる場面を作り出せば良い。
とにかく女の脳が、あなたが近くにいることに対してストレスを感じないようになれば良いわけですから出来る限りそんな場面を作り出してください。
たったそれだけの努力で、いつの間にか女の脳はあなたのことを親密な関係だと認識してしまうようになりますからね。

簡単でしょ?
一生懸命会話したりプレゼントをあげたり、そんな努力や労力よりもはるかに簡単なテクニックですね。

また、こんなことを聞いたことはありませんか?
「女は一度心を許してしまった相手には弱い」
似たようなことは聞いたことがありますよね?

これ事実です。
ここでそのメカニズムを解説することはしませんが、女は男よりもこの気持ちは遙かに強い。

パーソナルスペースも一緒ですよ。
偶然でも必然でもとにかく自然に女の近くにいれるようになれば、女は落ちたも同然です。
誘えばついてくるってことですよ(笑)もちろんこれは本当のことですよ。
私は何度もやっていますが、女の近くにいつも自然にいれるようになった頃、告白してみてください。
きっとうまくいきます。。
この効果はハッキリ言って凄いですよ

このページの先頭へ