あなたと話しているだけで女が快感を覚える会話方法

あなたと話をしているだけで女が快感を覚える、そんな会話法についてお話しします。
それは、相手に喋ってもらうという会話術です。
自分から、相手の好きな話題を提起し、後は相手に喋ってもらうという話術があります。

例えば、自分には相手を喜ばせるだけの会話能力がない場合や、初対面や関係の浅い相手と仲良くなりたい場合など、この話術はとても大きな力になってくれます。

例えば、
「最近のテレビって面白くなくなったよね?どう思う?」
「そうなんだよね。私なんか全然テレビ見ないもん」
「そうだよね。オレもテレビ見なくなったよ。けどドラマとかはたまに見たりするんだけど、○○ちゃんはドラマとかは見ないの?」
「月9だけはいつも見てるけどね。他は見てないかな。」
「オレも月9見てるよ。月9見てるってことはもしかしてキムタクファン?」
「ちがうよ。別にキムタクが好きなわけじゃないよ」
「そうだよね。ちょっと以外だったからさ。○○ちゃんはキムタクよりウエンツって感じかも?」
「え~全然違うって・・・」
「そうなんだ。だったら芸能人だったら誰がタイプ?」
なんて感じですね。

これ意外に簡単に誰でも使える話術ですが、実際に意識して使っている人は本当に少ないですね。
この会話術のポイントは、最初の「話題の提起」には気を遣い、相手が好みそうな話題を提起し、後は全て「疑問系」で終わるように注意するということです。
そして、
こちらの投げかけた「疑問」に対しての、相手の「答え」から、再度「疑問を作り出す」
というのがポイントです。

そして、この話術の良いところは、最初の「話題の提起」にさえ気を遣えば、後は疑問系の繰り返しで、どんどん話が弾んでいくところにあります。

「疑問」を作り出すコツは、「相手の答えから連想する「連想ゲーム」のようなものです
女と美味く喋れない、会話が続かないという方は、是非この「相手に喋ってもらうという話術」を身に付けて使ってみてください。

そして、同意・共感する。
良い会話を行う上で大切なことの1つに「同意・共感する」ということがあります。

これが何なのかというと・・・
相手の話したことに対して「同意・共感する」ということなんです。
また「相づちを入れる」なんて言葉も当てはまりますよね。

例えば、
「そうだよね」
「俺もそう思うよ」
「よく知ってるね」
「うん」
「知ってる知ってる」
「そうそう」
「わかるよ」
「それで?どうなったの?」
などなど、つまり、相手が喋っていることに対して「同意、共感」の言葉を入れるということです。

これがどのような効果があるのかというと・・・
人は、人からの「同意・共感」に気持ちが良くなっていくのです。
つまり、相手はあなたと話すことに快感を感じていくわけですね。

例えば、あなたが喋っていることに対して、相手が・・・
「・・・・・・・・・」
「えっそれ違うよ」
「それ、分からない」
「ふ~ん」
なんて、反応を示されたらどう思いますか?

「コイツと喋っても楽しくない」
って、思いますよね?

この、「同意、共感」というのは、
「誰とでも気軽に話せるようになれる」「誰とでもうまく会話出来るようになる」
ために、とても大切な事で、そして誰にでも出来ることですので、必ず身に付けてください。

そして、最後に・・・
「相手の話のオチを先読みする」という技術。

これは、相手と会話していると、
「最終的にこの人は何を言いたいのか?」
ということが分かるようになります。

もちろん、経験を積めば積むだけ良く分かると思いますが、経験がなくても注意深く相手の話を聴いていれば良く分かると思います。

ここで、言いたいことは・・・
相手の話の行き着く先を読み、そのポイントにベクトルを合わせて会話する
ということです。
その効果は、
「この人と話しても話が伝わらない」
「この人とは話が合わない」
「この人は人の話を聞いているのか?」
「この人と話すと妙にむかつく」
なんてことはなくなります(笑)

これは、
「相手の話していることを良く聞く」
「前後の雰囲気をよく考える」
「話している相手の表情をよく見る」
など・・・
相手のことをよく見ていれば
「相手の話の行き着く先を読み、そのポイントにベクトルを合わせて会話する」
なんてことは、そんなに難しいことではありません。

しかし、これが出来てない人がほとんどです。
とても大切なことなのに、これが出来てないわけですね。

相手の話の行き着く先が分かっているということは、相手を傷つけてしまうこともなくなりますし・・・
相手は自分の話していることがあなたに気持ち良く伝わっているのが判り、とても気持ち良く話すことが出来ます。

その他にも、
「相手の話の行き着く先を読み、そのポイントにベクトルを合わせて会話する」
ことによる効果は凄まじいものがあります。

この「相手の話の行き着く先を読み、そのポイントにベクトルを合わせて会話する」ために、必要なことは、
「相手のこと(会話・雰囲気・表情など)をよく観察すること」
です。

ここまで、会話術の基本をお話ししてきましたが、この基本さえマスターすれば女と会話することなんて苦ではなくなりますよ。
会話術を本格的にマスターしたいという人は凄く多いのですが、この基本さえ抑えておけば会話で困ることはなくなりますので、後は実戦の中から少しずつ学んでいけば十分です。

このページの先頭へ