女と付き合うためにタイミングと場所を利用する

あらゆる要素を利用すれば自然と女性と付き合うことができます。
女と付き合いたければ、利用出来ることは全て利用するぐらいの考えを持ってください。

例えば、場所やタイミング。
場所やタイミングを間違えると、例えどんなに仲が良い相手であっても、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。
「女が好む場所」
「女があなたに好感を覚えてしまう場所」
「女が、私この人の事が好きなのかな?って勘違いしてしまう場所(笑)」
「女が好むタイミング」
「女があなたに好感を覚えてしまうタイミング」
「女が、私この人の事が好きなのかな?って勘違いしてしまうタイミング(笑)」
これらを有効利用することが出来れば女と付き合う事なんて簡単なことですからね。

例えば、心理的要素。
女に対して・・・
「彼氏とうまくいってない所につけこむ」
「恋愛の相談に乗っているふりをして」
「落ち込んでいる所を助けるような感じで」
「友情を逆利用して」
とにかく利用出来る要素は全て利用して女を導く。

例えば、旅行に行った時に、その場の雰囲気に流されて・・・なんて話はよくあることですよね?
そんな場面や心理をこれでもかって程利用すれば良い。

それと似たような効果を発揮する場所やタイミング、心理状況なんていくらでもありますからね。
ただし、「どん欲になれ!」と言っているわけではありません。

なぜなら、その気持ちがあまり前面に出すぎると、その事自体が目の前の女に伝わってしまい、女はそのことに対して無意識レベルで身構えてしまいますからね。
モテる男は利用出来る要素は全て利用するくらいの気持ちを持っていますが、それはあくまでも「自然体で」の話であって、いつも女を追い求めているようなギラギラとした雰囲気は持っていません。
普段は自然体で、その時が来たら無意識に
利用出来るものは全て利用する。
これがモテる男ですね。

もちろん、今いきなり「そうなってくれ!」と言っているのではなく、まずは利用出来る要素は全て利用して女と付き合うことを念頭に置いておくことによって後は経験を積めば自然とそうなっていく事でしょう。

ですから、まずは・・・
あらゆる要素を利用して女と付き合うということを実行してください。

心理誘導を利用して相手の心をコントロールする

このサイトでは女と付き合うための心理誘導をタップリと学んでいただきます
あなたにはこのサイトで心理誘導をたっぷりと学んでもらいます。
女と付き合うための最短距離を行く心理誘導を・・・


つまり、相手の心を自分の思ったところへと誘導していくテクニックですが、そのためには、人が持つ感覚機能である五感、「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」に働きかけることによって相手の「脳」を誘導していかなければなりません。
もっと言えば、人が持つ20 余りの感覚機能を効果的に用いることにより、相手の「脳」を騙してしまうのが心理誘導です。

そして、相手に心理誘導をかけるには「一定の信頼感」が相手との間になければなりません。
なぜなら、相手の五感に働きかけるには、相手と近い関係じゃなければなりませんからね・・・。
相手の女と話もした事がない・うまく喋れないようでは五感に働きかけることは難しいですから・・・。

つまり、あなたと相手との間に一定の信頼関係が築かれていて、感情の交流が出来る状態じゃなければ心理誘導は難しく、簡単に言えば女は落とせないということです。
ただし、信頼感がなければ心理誘導をかけることは出来ないと言い切るわけでもありませんけどね。
そして、あなたと相手の間に「一定の信頼関係」が築かれた時、心理誘導から逃れられる女はいなくなります。

心理誘導は、人が持つ20 余りの感覚機能を利用して「脳」を欺いてしまうのですから、大袈裟な話、例え、相手の女が心理誘導によって騙されているということを悟っていたとしても「脳」から発せられる命令には人は背けないのです。
言葉を換えれば、「潜在意識」に働きかけるということも出来ます。
「潜在意識」に働きかければ、人は「潜在意識」から発せられる命令に背く事は出来なくなるのです。

「潜在意識」という言葉。
聞いたことぐらいはありますよね?
簡単に説明しておきますと・・・
人の意識には大きく分けて顕在意識と潜在意識の二つがあると言われており、顕在意識というのは、人が普段使っている、ごく日常的な時の意識状態で、会社で働いていたり、買い物をしていたり、人と話をしていたりする時の意識状態で、人の意識の内5%未満に過ぎない意識が顕在意識であり、その顕在意識が人の日常使用している意識だと言われています。

それに対し、潜在意識とは、自分ではなかなか認識出来ない意識と解釈することができ、人の意識の内95%もの領域を持つ意識が潜在意識であり、非日常的な意識が潜在意識です。

そして、「潜在意識」に働きかければ、人は「潜在意識」から発せられる命令に背くことは出来ないのです。
それらの効果を最大限に利用するのが、心理誘導なのです。
ですから、潜在意識を最大限に利用し相手に心理誘導をかけるには「一定の信頼感」が自分と相手との間には必要不可欠だということです。

このページの先頭へ