恋人関係になるのに時間は必要ない!一瞬で女をコントロールし恋人候補になる方法

これは、相手の思考パターンを崩したり、思考の空白を作り出す事によって、女を思い通りに誘導していく催眠にも用いられている心理誘導法です。

出会って間もない女を自分の思い通りにコントロール出来たら良いですよね?
それを可能にするのがこの技法なんですよ。
女と多少話せるようになった時点でこの技法は使えますよ。

その方法は・・・・

まずは、女とけっこう気軽に話せるようになった時点で、女の目をしっかりと見据えて、
「○○ちゃんってモテるでしょ?」
と女に聞いてください。
当然、女は、
「モテないよ」
とそれを否定しますので、その後に・・・

相手を見てではなく、視線を別な何かに固定しながら、興味がないような振りをしながら、
「そうなの?キミ(○○ちゃん)程の良い女がモテないなんて意外だね」
と言ってください。
言葉の言い方をもう少し詳しく説明するのなら・・・
「あっそう・・・オレにとっては別にどうでも良い事だけどね」
という感じです。

最初は、女の目を見据えて聞いておきながら、女の答えに関しては「興味がない」感じで答えるのです。
これで、この心理誘導のセットは完了します。
その後は、普通に楽しく女と会話してあげてください。
女の頭の中では、あなたの矛盾した態度・言動の理由を懸命に理解しようとフル回転状態になりますからね。
言い換えれば、それはストレスとなって女の無意識を刺激します。



女はこう思うわけです。
「この人が私にモテるかどうかを聞いたから答えたのに、そのことには全然興味がなさそうだし、どういう事?だけど、良い女だって言ってくれているし・・・???????」
とね。

意識は混乱、無意識の方はストレスに溢れていますよ。
それは、後に必ず「確認する」という形で態度に表れてくるんです。
つまり、女は
「あなたのことが気になって仕方がない」
というような状態になってしまう。


それも、考えれば考える程、時間が経過すれば経過する程、その思いは強くなっていきます。
つまり、女は無意識にあなたの心意を確かめたいと思っていますからね。
後は、気のない振りをして・・・
「今度、時間のある時にでもゆっくりと話したいから携帯教えといてよ」
と言えば教えてくれるし、
「腹減ったから飯食いに行こうよ」
と言えばついてくるし、
「ちょっとお願いがあるんだけど・・・」
と言えばお願いを聞いてくれるようになる。

しかも、こちらの心意を確かめるために、こちらの要求を飲めば飲む程、そのことが当然となっていき、それが女にとってのあたりまえのことになっていくわけです。
これは強烈ですよ。
人の思考原理・行動原理に働きかけていますからね。

一度このスパイラルにはまった女は行く所まで行き着かないとそのスパイラルからはなかなか抜け出せない。
行き着く所?
それは恋人関係です。

このページの先頭へ