ナンパを自然な出会いに変えてしまう方法とは?

これは、言葉のテクニックです。
ナンパでは、面識のない相手にいきなり声をかけるのですから、当然相手は警戒しますよね?
「なんだコイツは?」ってね。

これでは自然な出会いにはなりませんし、相手の女的には「ナンパされた」という意識が残ってしまい、もしもナンパがうまくいっても後々まで相手の女はその意識を引きずってしまうわけですよ。
だから、ナンパはどこまで行っても自然な出会いにはならないのです。

また、ナンパは成功確率が相当低い・・・
いきなり知らない男から声をかけられたことへの抵抗感はもちろんですが、女はナンパされることに慣れてしまっているわけです。
「何してるの?」「今、時間ある?」なんて言葉を女は聞き飽きている。
これでは、どう考えても成功率は低くなってしまうわけです。

しかし、あなたも見知らぬ人から自然に声をかけられ、その事を不快に思わなかった経験があるはずです。
「あの~すいません。ちょっと道を伺いたいんですが、○○まで行くにはどうしたらいいですか?」

突然、見知らぬ人から道を尋ねられても、そのこと自体を不快に思い人はいないんですよ。
面白いですよね?これが人の心理です。
つまり、人は、そこに「正当な理由」さえあればその事を不快には思わないわけです。

ナンパも一緒ですよ。
声をかけられた理由が正当なものであれば、相手の女はその事を不快だとは思わないし、ナンパされたという意識を持つこともないのです。

まして、声をかけられた理由が相手の女にとって「喜ばしい事」だったらどうなると思いますか?
つまり、相手の女は警戒心を抱く事なく、あなたの存在を受け入れてしまうのです。

そのためには、声をかける「正当な理由」を作り出せば良いのですから、
「あなたが何者で」「何をしていて」「何のために声をかけたのか」
が明確に相手に伝われば良い。

例えば第一声が、
「あの、すいません。この辺に凄く可愛い子がいるって聞いてきたんですけど、それってもしかしてお姉さんのことじゃありませんか?」
「あの、すいません。今友達と話してたんですけど・・・「綺麗な女の人は性格も良い」って話になっちゃって、それでお姉さんに相談させてもらいに来たんですけど~」

これなら相手の女は警戒心を抱くことなくあなたを受け入れてしまいます。

もちろん個人差はありますけどね。
また、これなら実際はナンパなのに、相手はそれをナンパだとは思わずに自然な出会いだと認識することになります。
つまり、見知らぬ人に道を尋ねられたのと大差ないわけですね。

そして、「ナンパ」と言うと、知らない女に声をかけなければならないわけですから、声をかけること自体がそうとう勇気のいることでナンパ初心者には難しいことなのですが、これであればあなた的にもナンパ感覚ではなく、普通の出会い感覚で女に声をかけることが出来ますからね。
簡単に言えば、「出会いの量産」が可能になってくるわけですよ。

ちなみに成功率で言うと・・・10割とは言いませんが、私であれば9割方は成功しますからね。
声のかけ方としては、自然に友達に話しかけているように
「話しかけているのが当然」
という感覚で女に話しかけるのが良いですね。

その場で女と友達になって連絡先の交換をするくらいは簡単にうまくいきますよ。

このページの先頭へ