女はどうして欲深いのか?

世の歴史を紐解いてみますと・・・
女の欲の深さには驚く程、醜いものがありますね
女にまともに「人権」なんてものが確立されたのは、せいぜいここ100年・・・

それ以前は子孫を残すための「道具」にすぎなかったわけですが・・・
それだけに女は欲深く生まれついているのかもしれません・・・

遺伝子ってのかな?
男は権力を自らの力によって得ることが出来るのに対し、女は自らの力では権力を得ることは出来なかった・・・
人は望んで得られるモノに対しての「欲」は大きく感じないが、望んでも得られないモノに対しての「欲」には際限がない
女はモノを望んでも得られなかった分、女は欲深くなっていきましたし、自身の欲望を叶える為にはどんな犠牲をもいとわない程の残忍さをも身に付けていったのかもしれません

ま、ここでその解説をしていこうとは思っていませんので、そこは飛ばしますが・・・
何が言いたいのかは・・・女は欲深いってことです(笑)

アメリカの心理学者で「アブラハム・マズロー」ってのがいたんですけどね
そのマズローが唱えた・・・
「欲求段階説」
というのがあるんですよ・・・

分かりやすいからこれを例にとってお話ししていきますけどね・・・
簡単に説明していきますが・・・
1・食欲・睡眠欲・性欲などの 『生理的欲求』
2・身を守ろうという 『安全欲求』
3・集団に属していたい・人から愛されたいという 『所属と愛の欲求』
4・周囲から認められたいという 『承認欲求』
5・自分の能力や可能性を試してみたいなどの 『自己実現欲求』
簡単にいうとマズローは人の欲求をこの5段階に分けたんですよ・・・

そして、1~4は「欠乏欲求」5は「成長欲求」
人は満たされない想いがあると1から順にそれらの欲求を求め満たしていき、これらの欠乏欲求が満たされると・・・
最終的には5の成長欲求を求めようとするというもの

つまり、女を欺こうと思えばこれらを満たしてあげるだけで良いわけですよ

逆に言えば・・・
このような誰もが持っている心の欲求にうまくつけいるのが『プロ』
例えば、女のことで言うのであれば結婚詐欺師やヒモ家業の人達・・・
人(女)は自身の欲を満たそうとするから、自ら進んで騙されてくれるわけです
では、そんなことを踏まえて女の欲を刺激しつつ・・・
女を欺いていきましょうか・・・

このページの先頭へ