あなたの願いを叶えたい!と女に考えさてしまう強烈な心理誘導テクニック

女に贈り物を送ることによって女の気を引こうと考える男性をよく見かけます。
数万円のものから、中には数十万円もの大金を使って女へプレゼントを贈る男性も少なくありません。

私はそういう話を聞く度に、「無駄だな」と思うのですが・・・
贈り物を送る側の心理としては、女にプレゼントを渡すことによって・・・
「好きになってもらいたい」
「デートに誘いたい」
「あわよくば・・・付き合いたい」
などと考えていたりするものですが、ハッキリ言って、無駄!!

なぜなら、そこにはプレゼントを贈られた側の心理を考えるという作業が、プレゼントを贈る側の自己中心的な思考に基づいたものにしかなっていないわけですからね。
そこがおかしいわけです。

逆に、プレゼントを贈られた女側の心理を中心に考えていけば、何十万円もの大金をかけなくても、いとも簡単にデートに持ち込むことが出来ます。

女にプレゼントを贈る目的は、何かしらの報酬を得ることが目的なわけですからね。
その目的が達成されないプレゼントなんて贈るだけ損だってことですよ。

では、そんな「プレゼントを贈られた女側」の心理に基づいた、プレゼントを効果的に利用した心理誘導をこれからお伝えしていきましょう。

その方法とは・・・

まず基本的には、
プレゼントする理由というのは無償でなければならない
ということを知ってください。
なぜなら、数万円、数十万円というプレゼントをもらう側は、
「プレゼントをもらう」
ということに対し、何らかの意識をしてしまうからです。
「なんでプレゼントをくれるのだろうか?」
「何のためにプレゼントをくれるのだろうか?」
「プレゼントをもらったらどうなるのか?」
という思考が、そこには働いてしまいます。

そのプレゼントの金額によってその思考は複雑にならざるをえませんしね。
つまり、女はプレゼントをもらえることを知ったその時点で、ある一定の「結論」を出さなくてはならなくなるのです。

例えば、女があなたのことを好きであれば・・・
問題なくプレゼントをもらうことでしょう。

なぜなら、女はあなたのことが好きなのですから、すでにあなたからの要求に応える準備は整っているからです。

例えば、女が水商売の女であれば・・・
プレゼントをもらうことでしょう。
なぜなら、それが「仕事」だからです。これは言い過ぎかも知れませんけどね(笑)

また、相手の女が、あなたからの要求には応じないという結論を出した後に、あなたからのプレゼントを受け取ることだってあるでしょう。
なぜなら、プレゼントが魅力的だから・・・。

ハッキリ言ってこれでは意味がないわけですよ。

ですから、
「プレゼントする理由というのは無償でなければならない」
ということが言えるのです。

言い方を換えれば、あなたが贈るプレゼントを素直に何も考えずに女に受け取ってもらうことが大事なんです。
そして、そのためには・・・
「お金がかかったプレゼントではないこと」
「心のこもったプレゼントではないこと」
「すぐにしまえる大きさの物」
という要素が重要になります。

これであれば、相手の女も余計なことを意識する事なく、あなたからのプレゼントをもらうことが出来ますからね。

次に、
一度ではなく何度もプレゼントを女に贈って素直に受け取ってもらう
10 回でも30 回でも・・・

このことによる効果は・・・
あなたからの最初のプレゼントを何の意識もせずに受け取ってしまった女は、2 度目3 度目のプレゼントも何の意識もせずに受け取ってしまうのです。
そして、何度目かのプレゼントを受け取った時には、ある1 つの無意識レベルでの方向性が出来上がっているわけですよ。

それは、
あなたが贈ったプレゼントを、女は何の意識もせずに受け取る
という方向性がね。

つまり、今後、あなたが女にプレゼントを贈る際に、例え女が何かしらを思考し
「あなたからのプレゼントを受け取りたくない」
と考えたとしても、受け取らないわけにはいかなくなっているということです。

今まで、散々受け取ってきたプレゼントを、今回は受け取れないなんてことはなかなか言えるものではありませんからね。
「あなたが贈ったプレゼントを何の意識もせずに女が受け取る」
という方向性が生まれれば、余程の事でもない限り「あなたからのプレゼントを受け取りたくない」と思考することはないですけどね。
女はただあたりまえにあなたからのプレゼントを受け取る仕組みにはまってしまう。

そして、何度も何度も繰り返し女にプレゼントを受け取ってもらうことによって、
「今日は何をもらえるんだろう?」
という前向きな思考が女の意識の中に生まれるわけです。


これは、少なからず女があなたと会う際の1 つのサプライズ的要素になっていきます。
そして、それは意識だけではなく無意識レベルでそのことを認識するようになっていきます。

そして、5度目か、10 度目か・・・15 度目か・・・
それには個人差がありますが・・・
ここで、女は気がつくことになるわけですよ。
「いつか何かの形でお礼をしなければならない」
と、無意識に、ただあたりまえに考えるようになっている自分にね。


あなたからのプレゼントが無償であるからこそ、女に意識させることなくこのような心理状態へと導くことが出来るわけです。
人は、人から何かしらの好意を受けたら、それを好意によって返さなければならないという意識が働きます。
これを心理学では「好意の返報性」と言いますが、その状態をこのプレゼントのトリックを使って作り出すのです。

しかも、人は、人から何かしらの好意を受けたら、それを好意によって返さなければならないということを完全に無意識レベルで感じてもらう。
そして、女が何度目かのプレゼントを受け取った時、
「食事に行こう」「遊びに行こう」「飲みに行こう」

これら、あなたからの全ての要求を受け入れてしまわなければならないことになるのです。
ただ、あたりまえに・・・無意識にね。

ここで、1 つの流れというか、一例をお伝えしましょう。
私がこの方法を使う時、女と会う度にちょっとした物を必ず女に贈ります。
例えば、20 円のチョコレート、10 円のうまい棒、などのお菓子類や、100 円から500 円程度の小物類。

「はい!これあげる!」
という感じにサラリと渡してしまう・・・。

そして、頃合いを見計らって・・・
「腹減ったから後で飯食いに行かない?」
などと誘い・・・
「飲みに行こう・・・」
と誘います

この時にはヘタな誘い文句はいりませんからね。
この工程を1 日で完了してしまうわけです。

そして、この心理誘導の凄い所は、相手の心の変化さえ見極めれば、相手がどんな立場・性質の女であっても必ず「はまる」所です。
彼氏持ちの女でも、人妻でも、どんな女でもね。


ハッキリ言って、凄いですよ!
これは自分でやってて「オレってすげ~♪」なんて感心してしまうくらい女が簡単についてくるようになります。
まさに、女に
「私はこの人の望むことを叶えなければならない」
と思わせてしまう呪縛的心理誘導ですよ。

このページの先頭へ