離婚経験3回のオヤジが教える女性と上手に別れる方法

今では、娘のような彼女たちを囲っているTさん。
離婚も3度していますし、慰謝料などかなり困っているのでは、と思っていました。
もしかしたら包丁で刺されたり、大事件に巻き込まれているのでは…
こんな事を言うのはなんですが、これから離婚を考えている方、彼女と別れられなくてこまっいている方。しっかり聞いてくださいね。
T さんはこれまで3度の離婚。
不倫関係20人以上。
一度も慰謝料を請求されたり、ごねられた事がないのです。
たったの一度もです。
「それはTさんがだらしなかったり、魅力がないからじゃないの?」
という意見もあるかもしれませんが、もしTさんに魅力がなければ、娘のような女を彼女にすることなんて、出来るはずがないですよね?

ただ、1つ思うのは「大切にしているものが違う」と感じました。
Tさんは、ライフスタイルであり、たくさんの女性と遊ぶ事を大切にしています。
それが男の本来のDNAだと思います。

まず「別れ」で一番重要なのは、レベルです。
自分よりレベルの高い女性しか選ばないということです。
例えば知り合った女性が「あたしモデルなの」と言ったら、ほとんどの男が「あ~、俺とはレベルが違うな。どうせ釣り合わないよ」とネガティブ思考になってしまいます。
さらにその女性が「テレビにも何回も出た事があるんだ」と言われたら、もはやアイドル扱いして、なんとか「いい人」だろうがなんだろうが、とにかく彼女のメールアドレスだけでも…という気持ちになってしまいます。
どんどんあなたのレベルが下がっていってしまいます。

女性は自分よりレベルの低い男には興味がないのですが、大切な事は自分よりレベルの高い女性を選ぶ事なんです。
「何か言っている事が矛盾してない?」
ステータスとレベルという考え方があって、ステータスというのは絶対に変動しない「あなた本来」の姿です。
レベルというのは、相手によって、シチュエーションによって、あなたはコントロールできるレベルです。
関係を持っている時は、レベルを同等まであげておいて別れるときには、自分のレベルを下げる事が重要なんです。

Tさんの具体的な別れのポイントを話します。
ポイント1 別れ話はこちらから切り出さないこと。
別れ話は相手から言わせます。
フラれたんじゃなく、フッてやったという気持ちにさせるんです。
ほとんどのヘタレは、最後の最後まで格好つけようとします。
別れようと思っているクセに、嫌われたくない、カッコいいままで別れたいそう思ってしまうのです。

でも、今回の一番重要なテーマは「だまされたフリをして、本当はだましている」です。

ポイント2 自信がある女しか狙わない
別れられなくて、最後は女性がストーカーになってしまうようなケースがあるのですが、こんな男たちをみていて、ある法則に気がついたのですが
「弱い者好き」
であるという事です。
かわいそうな女性をみると、ほっとけなくなるタイプです。

自信という言葉がありますが、これをもっとわかりやすく言えないかなと、ずっと考えていたのですが、とてもしっくりくる言葉が見つかりました。
自信=自分の事をどれだけ好きかというバロメーター
つまり
「自信がない」と言う人ほど、自分を嫌いだったり、嫌いな部分が多かったりします。
Tさんが別れ上手なのは、これまで付き合ったり、結婚したり、彼女にしたすべての女性に法則を見つけてもらったのですが
●自分の事を愛している女性
●過去ではなく、現在に生きている女性
●母性が強い女性
●自分より基本レベルが高い女性
●一直線じゃない女性

を選ぶと、別れるのに苦労しないと言います

なかなか見分ける事が出来ないかもしれませんが、あんまり昔の写真を大事にしていたり、昔の話ばかりする女性は避けたほうがいいと思います。

後は、子供と接するときに、ポーズではなく本気で子供を好きかどうかを見分けなくてはいけません。
例えば、子供を「かわいい~」と抱きしめる事は誰でも出来ますが、継続するのは意外と難しいです。
すぐにほったらかしたり、他の事に気を取られたりしている女性は、注意です。

あとは、子供との別れ際の笑顔をチェックしてみてください。
すぐに“フッ”と冷めた顔をする女性は、あんまりうまくないです。
すぐに「あなただけしか見えない」という類の事を言う女性も、あんまりよくないですね。
自分の好きな物をちゃんと言えたり、自分のルールをもっているような女性を選んでください。

ポイント3 格好つけない
貧乏なのに、お金をもっていると言ったり
高卒なのに、大卒と言ったり
無理してプレゼントを買ったりするのはやめてください。

お金があっても、俺は金ないからと言える様にして下さい。

具体的な別れの手口

では、これから、実際にTさんが別れた手口を紹介しますね。

Tさんの別れのケースその1
24歳のキャバクラ嬢と半年くらい付き合っていました。
美人でスタイルも良く、いつもお店のNo1のコでした。
正直、「別れるのはもったいない」と何度も思いましたが、今の彼女に出会った途端に今の彼女しか眼中になくなり、会いたい気持ちがなくなったんです。
まず最初に、メールをするのをやめます。
「お店に来て欲しい」というメールや電話も入りますが、「忙しい」とか、「お金がない」といった理由で断っていました。

「成績が伸びないから、私がお金を払うから同伴して欲しい」といったメールが来たときには「行けるようだったら行く」という生半可な断りも通用しないので、同伴する約束をしました。
同伴する時の食事代は、いつも彼女が出していたのですが、彼女に対する気持ちが醒めてましたのでドタキャンしたんです。

もう烈火のごとく怒ってましたね。
同伴がキャンセルになる、と罰金があったらしいんですね。
その罰金は払わなきゃいけないし、それでなくても店には全然来なくなってるし・・。
明らかに彼女が振られたように誰からの眼にも映るでしょう。
彼女のプライドが許さなかったんでしょう。
電話では可愛い声ですねてましたが、メールはボロクソでした。
そのボロクソなメールに返信することもせず、彼女との関係を終わりにしました。
遊び慣れているようなコとは自然消滅を狙います。

Tさんの別れのケースその2
長く付き合った子や嫁達(3人)は、私の傲慢さに嫌気がさして去っていきましたね。
私は自分の傲慢さ故に、いつも
「相手が悪い」
「他の何かが悪い」
「私は何も悪くない」
という態度でした。

喧嘩になると、一方的に相手を責めました。
私に非があったとしても自分の非を認めませんでした。
だから嫌気がさしたんでしょうね。
3人ともすんなり別れてます。
でも、かなり「わざと」やった部分が大きいです。

元々緩慢な性格をもっていただろうし、女に苦労しなくなってから、その部分は強化されたとは思いますが、どうせ別れるのに格好つけても仕方がないと思っています。
別れた後も、良く思われたいという気持ちなんてサラサラないし、それはズルイと思います。
「別れる」と決めたら、徹底してダメな男を演じます。
このサイトで教えている逆の男になります。
・人の話を全く聞かない
・自分の事しかしゃべらない
・全部他人のせい
・だらしない、不潔

・・・・・・
まぁ離婚して慰謝料を取らなかったのは、お金や財産がないことが、幸いしてるかもしれませんね。(笑)
とても、格好良くないですよね。
でも、私の思う「最高の別れ」は、別れた後、彼女や嫁さんが
「あんなヤツ別れて正解だったよ」
と、友達に堂々と言えて、笑い話にされるくらいが丁度いいと思います。

「私が振った」
と思わせるのが、本当の優しさだと思います。

このページの先頭へ