おじさんが若い女性とデートするのにお金をたくさん使う必要はない

さてと、ここまでやればかなりあなたに惚れています。
さぁ、ここからお店の外に連れ出しましょう。
ここまでやれば、「当日お持ち帰り」出来る率は50%くらいだと言います。
惚れさせた状況を楽しんでください。ここから先は「店外へ連れ出す」ノウハウです。

ですが、正直、ここまでやればそんなに気合はいりません。
やった人はわかると思うのですが、かな~りスンナリ自然に誘えます。
Tさんは、「普通に誘えばきます」と言いますが、ここまでのノウハウを実践すれば「普通に誘える」というのが、理解できると思います。
誘うときは、自然に誘ってください。

「何時まで?」
「●●(ここまでの会話で盛り上がった内容)の話でもしようよ」
お腹がすいているようなら「ご飯食べに行こうよ」
ストレスがたまって飲みたそうなら「飲みにいこうよ」
です。

Tさんは、あまり飲まないらしいですが、そんなに気負ってないですよね。
キャバクラと違ってスナックの女性は、昼も仕事をしている場合が多いです。
ですので、仕事が終わったら“サッ”と帰る確率が高いのですが「軽く食べて行こうか」といった誘い方をするのが無難です。
「食べ物で何が好き?」
「●●が好き」
「じゃあこれから行こうよ」
といった軽い会話で、全然OKです。
やってみればわかると思います…

あなたは、メチャクチャかわいい彼女を店外に連れ出しました。
「なんだ、思ったより簡単だったな」と思っているはずです。
さすがです。
ただ、店外に連れ出したと言っても…
その日のアフターの場合もあるし休日に約束した場合もあると思います。
最初に言ったのですが、中には子供がいる場合も多いので、相手の背景(昼の仕事のこと、子供のこと)が見えたらアフターでは無理はしないでください。

Tさんの場合は、少しタイプの女性の場合は慎重に、「今度休みの日にでもメシでも行こう」と軽く誘っておくようです。
休みの日を聞いて約束をした方が、結局は付き合える確率が高いですし、長く続ける事もできます。

休みの日に合う場合も同じで…
「食べ物で何が好き?」
「●●が好き」
「じゃ休みの日に行こう」
といった軽い会話です。

さてと。
まずは、先手を打っておきましょう。
来るには来たが「用事があるから」ってさっさと帰られないように、会ってから早めに「今日の時間は大丈夫か?」などと言っておいてください。
あくまで目的は付き合うことですので、まぁぶっちゃけ言うと、ここで時間を言わせることによって
「その時間まで帰らせない」=「その時間まで猶予がある」
という図式です。

Tさんは、貧乏です。
どれくらい貧乏かというと、電車賃がなくて打ち合わせにこれないほど貧乏です。
ですので、これは本当に覚えておいて欲しいのですが
「お金は必要ない」
という事です。

「若い女性を口説くのに、お金は必要でしょ?」という人がいるのですが、本当に必要ありません。
高い店に連れて行ったことはないし、プレゼントもほとんどした事がありません。
本当に気をつけてください。
というより、彼女の興味を「お金」にシフトさせないで欲しいのです。

アメリカの優良企業では、ボーナスがないと言います。
なぜかというと、ボーナスをあたえるとせっかくの仕事の楽しさを忘れて、報酬をもらう事に興味がシフトしてしまうからです。

人間は、2つの強い興味を同時に維持できません。
あなたが女性を高い店に連れて行ったり、高級なプレゼントを与えると、彼女の興味は「あなた」から「お金」にシフトします。
それほど「お金の魔力」は強いです。
どんなにあなたに魅力があっても、お金のせいで台無しになる事があります。

もし、あなたに子供がいる場合も「おもちゃやお小遣い」で、勉強をさせるのは辞めたほうがいいです。
本来の勉強の楽しさや魅力を忘れて、おもちゃやお小遣いに興味がシフトしてしまうからですい。

いいですか?
これは本当に重要です。
多くのヘタレオジサマが間違えるのは、高いデートスポットに連れて行くことです。
それが気持ちいい人は、それでも別にいいのですが、何が問題かというと、お金が続かない…ということです。

いいですか?
あなたの目的は…
低資金でたくさんの若い女性と付き合う事
です。

ですので、いちいちお金をかけていてはいけないし大切な事は、別に「そんなに高い所」に行かなくても、若い女の子と付き合うことができるという事です。

もう1つ。
若い人たちに「合わせる」必要もありません。
「テレビや雑誌で話題の・・・」
必要ありません。
それは奥さんを連れて行ってあげてください。

じゃあTさんは、どんな所に連れて行くのかというと…
あんまり高くない店で、サラリーマンやOLなどがいるような居酒屋です。
寿司屋にも行くそうです。
でも、高級店じゃなくOL同士でも行けるような店です。
ちなみに寿司屋に行って寿司は食べないそうです。
いつも焼き物、煮物、造りを食べているそうです。
別に無理したり、格好つける必要がないという事です。

この「無理をしない」「格好つけない」というのは、すごく重要なポイントになります。
これまでたくさんの女性と遊んでいる人ならわかると思うのですが
女性に声をかける+付き合う=それだけの数の「別れ」がある
という事です。

「たくさんの彼女を作る」
という事は、それだけの数だけの「別れ」が存在します。
Tさんが、すごいのは「彼女を作る事」よりも「別れの上手さ」にあります。
色々と世の中にはモテるノウハウがありますが、 別れについて書いてあるノウハウはそうはないと思います。 後で詳しくお話しますが、それが「彼が本物」である事の、一番の証明だと思っています。
ポイントは「無理をしない」「格好つけない」「だまされたフリをしてだます」です。

さて。お金にシフトさせないあなたは、こんなプランではどうでしょうか?
安くあがる店でビールでも飲みながら軽い食事をする
注意1:安くてこじゃれた店にする
注意2:OL同士でも行ける程度の店にする
注意3:サラーマンや学生の多い店は避ける(うるさいので)

このページの先頭へ