緊張感でうまくしゃべることができない状態を回避する方法

誰もが、自分と仲の良い友人や家族とは普通に会話出来るのですが、それが見知らぬ人が相手の場合や、女性の場合・・・
とくに相手が好きな女性となると途端に喋れなくなってしまう。

この
「緊張感などによってうまく喋ることが出来ない」
ということを回避する術。
それは、「キャラの作り込み」というものです。

分かりづらいかもしれませんね(笑)
つまり・・・「演技」するということです。

これは、人と接する仕事をしている人であれば誰しもがやっている事ですからね。

例えば、物売りの営業マンとして会社に就職したのであれば、新人とかには関係なく、お客さんと接したその瞬間から「プロ」としての演技をしなければなりません。
アイドルは、ファンがどんなにむかつく嫌なヤローでも、アイドルとしての演技をし、笑顔で接しなければなりません。

そんな人達が行っていることは・・・例えば、携帯電話の営業マンであれば
「携帯電話のことを知り尽くしているプロ」
アイドルであれば、
「自分の理想としているアイドル理想像」
を、頭の中で想像し、そしてその姿を作り込み、「演技」しているわけです。

つまり、演じているわけですね。
人見知り、無口、あがり症・・・
そんな素の自分を、他人と相対した瞬間から自分の思い描く「姿」を演じることによって、その素の自分を消し去ってしまう。

そのために、必要なことは・・・
自分が頭の中で作ったキャラになりきるための「練習」をすることです。
「鏡の前で所作・表情を作り込む」
「このキャラだったら、人前ではどんな態度をすれば良いのだろう?」
「このキャラになりきるために、どんな口調で話せば良いのか?」
「よし!!喋る練習をしてみよう!!」
「このキャラならこんな会話をすると思うな!よし練習!!」
といった具合に、徹底的にシミュレートする。

これは、誰もが頭の中で考えたことくらいはありますよね?
「オレには○○ちゃんが必要なんだ!!」
「えっ?そんないきなり・・・」
「○○ちゃんはオレが絶対幸せにする!!」
「本当に?」
「あ~本当さ!!オレと付き合ってくれるかい?」
「ええ。実は私も○○君の事を前から・・・」
「○○ちゃん!!!!」
みたいなね(笑)
これでは完全に妄想ですけどね。

つまり、これをリアルに練習するわけです。
声を出して!!

これ、ただの練習ではないですよ。
これを毎日やることによって、自分自身をコントロール出来るようになっていくわけです。
マインドコントロールですね。これも自己暗示です。
これ、何となく理解出来ないようなら、私のことを信じて1 ヶ月間続けてやってみてください。
もの凄い効果がありますよ。

実際に女に対した時、自分でも信じられないくらい、スイッチが入ったように自分が設定したキャラになりきれる。
ちなみに・・・これは「私オリジナル」ではないですよ。

例えば、どこの会社でもあたりまえにやっている(練習している)ことですからね。
私のことは信じられなくても、世の中であたりまえのように行われていることだったら少しは信じて「やってみようかな・・・」って気分になりますよね。

そして、当然ですが、後は「実戦あるのみ」です。
つまり、回数をこなすということですね。
1 度の実戦は10 回の練習に勝りますよ。いや100 回かな?

そして、この「キャラの作り込み」というのは、「演技力」に関わってくるわけです。
この「演技力」というやつは、ここではテーマが違いますのでお話ししませんが、恋愛全般、人とのコミュニケーション全般で最も重要な要素の1つになりますので、必ず演技力を身に付けるべく努力しなければならないことだと思いますし、演技力を身に付ければ女にモテるための最高の武器になることは間違いありません。

自分から挨拶するという習慣を持つ!その効果とメリットは?

女と会った瞬間の「挨拶」について・・・

「いやいや、それは誰でも挨拶くらいはするって」
なんて思いますよね?

確かに誰でも挨拶くらいはするんですよ。
ですから、私が言っている「挨拶」というのは・・・
必ず!「自分から挨拶する」ということなんですけどね。

女の前に出ると、緊張して何を話して良いか分からなくなり、それこそ話しかけることすら出来なくなってしまう男性は非常に多いと思います。
私がそうでしたしね。

けど、それはこの「自分から挨拶する」ということが出来てないからです。

どういうことなのかというと・・・
とにかく、「自分から挨拶してしまう」ということが重要なわけですね。
嫌でも・・・どんな時でも・・・緊張してても・・・雰囲気悪くても・・・とにかく、どんな時でもです。

1 つには、このクセをつけてしまうことが大切になります。
自分から挨拶をしてしまえば、半ば強制的にでも話さなければならない状況へと追い込まれてしまうわけですからね。
口べた、人見知り・・・そんなことは言っていられなくなります。

もう1 つ、「緊張」は自分自身の意識の中で「うまく喋ろう」「何喋れば良いんだろう?」などの、その人の何かしらの意識が働いてしまうことによって、自分自身を縛ってしまっているため起こる現象です。

そのため、「とにかく自分から挨拶してしまう」ということによって、その自分から挨拶したという意識が自分自身を縛っている「緊張」を解き放つ「キーワード」となることが多いのです。

これは本当に重要なことなんですよ。
例えば、仕事で・・・例えば営業ですね・・・
訪問販売などは、とにかく1 日100 件、自分から面識のないお宅のインターホンを押して、話しかけなければならない仕事なのですが・・・。
これを続けることによって、自分から話しかけるということに対する緊張感や不安感などが徐々に薄れていきます。

「自分から話しかけて相手が答える」という習慣や流れが出来れば、緊張や不安は自然となくなっていきます。
ですから、「自分から挨拶してしまう」ということによって、その自分から挨拶したという意識が自分自身を縛っている「緊張」を解き放つ「キーワード」となり、無意識レベルで緊張や不安を感じない体質へと変えてくれますからね。

「自分から挨拶してしまう」ということを習慣づけてしまう。
本当にもの凄い効果がありますよ。

このページの先頭へ