一瞬で女の心を惹きつけ好意を抱かせてしまう心理誘導法

あなたも知っていますよね?
女がお喋り好きな事は・・・

例えば、ちょっと女に漏らしてしまった話が、あっという間に次の日には周囲にも伝わってしまっているなんてことは良くあることですよね。

女に限った話ではないのですが、人は噂話や秘密が大好きなんですよ。
これは、例えば「人の心の奥を覗いてみたい」という誰もが持つ欲求ですね。
それが、とくに女はそんな「人の心の奥を覗く」という欲求が強い・・・。

そんな女の心理を利用して、女の心を惹きつけて好意を抱かせてしまうのが、この心理誘導です。
例えば、女と会話している時に・・・
「これ内緒なんだけどさ・・・○○○○」
「○○○○・・・これ秘密だからね」

という会話。

「○○○○」に入る言葉は・・・
「キミにだから言うんだからね」
「○○ちゃんだけには教えるけどさ」
「こんな事、○○ちゃん(キミ)にしか言えないよ」
という「特別」「限定」という概念が入った言葉。

「あなただから」「あなただけに」「あなたにしか」
女はこの「特別」「限定」が大好きです。


そして、最後に・・・
「この事は、オレと○○ちゃん2 人だけの秘密だから絶対誰にも言わないでね」
「これは絶対に秘密だからね」

という言葉により女の心を縛ってしまう。
女は本当に「秘密」や「内緒」が大好きですからね(笑)

そして、これを聞いた女はこう思うわけです・・・。
「特別」「限定」の言葉によって・・・
「私にだから(だけ)教えてくれるんだ」「2 人の秘密なんだ」
という思考に陥り・・・
「私は特別なんだ」と、認識することによって・・・
「○○君にとって私は特別なのかも・・・?」
という思考へと変化していきます。

これが普通の人の心の流れですよね?
そして、一度認識したその言葉は女の潜在意識へとインプットされることになります。
その後、女はあなたとあう度に、潜在意識からの命令により、
「2 人の秘密」「○○君にとって私は特別」
ということを再認識させられるようになっていきます。

この言葉・・・例えば、
「こんなこと、○○ちゃんにしか言えないんだけど・・・実はさ・・・・・・・・このことは、オレと○○ちゃん2 人だけの秘密だから・・・絶対誰にも言わないでよね」
という言葉には、いくつもの心理誘導が隠されているんです。

1 つは、自己開示。
相手の女に、自ら自分の(秘密や)情報を提供することによって、それを女は好意・信頼だと受け取ります。

2つめは、自己開示の返報性。
女は、あなたから受けた好意・信頼を、基本的に同レベルの好意・信頼を持って返さなければならないと無意識レベルで理解しています。

3 つめは、価値。
女は、限定や特別といった意味合いの言葉に、大きな価値を見いだします。

4 つめは、秘密の共有。
女はあなたとの「秘密の共有」によって、親密度が増大していきます。

5 つめは、秘密保持の厳守。
女は、「誰にも言わないで」と言われたことにより、あなたに対して、一体感や連帯感を持つようになります。
「こんなこと、○○ちゃんにしか言えないんだけど・・・実はさ・・・・・・・・このことは、オレと○○ちゃん2 人だけの秘密だから・・・絶対誰にも言わないでよね」

この、人が持つ心理を利用した一瞬で女の心を惹きつけ好意を抱かせてしまう心理誘導は、一瞬で女の心を掴んでしまうのはもちろん、その効果は時間と共に増大していき、これだけでも女を落とせる程の強力な誘導法です。
その効果は保証しますよ。

年上もしくは年下の女に出会ったときに使える一瞬で女の心を掴む方法

これは、あくまでも自分より年上か、もしくは年下の女と出会った時に、一瞬で女の心を掴んで好意を持たれる方法です。
ですから、同じ歳の女には使わないでくださいね。

ま~同じ歳の女が相手であっても、あなたがうまくこの方法を使ってくれるというのなら別に使っていただいても結構なんですけどね。
(使い方を間違わなければちゃんと同じ効果を得ることが出来ますからね)

出会いの際には、如何にして自分に対して特別な感情を抱いてもらいかが重要になってくるわけです。
第一印象は良くなければならないって言いましたよね。

これは、それを更に一歩踏み込んだというか・・・
相手に強烈に印象づけてしまうことを目的としています。
初対面で相手に強い印象を与えることが出来れば、その印象が良いもの悪いものに関わらずその後何度でも自分のことを思い出してくれるようになるわけですね。

そのためには、人と同じことを言っていたのでは強い印象を相手に残すことは出来ません。
ですから・・・
相手が年上だったら・・・
「お姉さん(○○さん)って、きれ~な人ですね~」
と、関心+笑顔で、本人その人には無関心っぽく一言だけ言ってください。

相手が年下だったら・・・
「お前(○○)って可愛い顔してるね~」
と、関心しているような素振りで本人その人には無関心っぽく一言だけ言ってください。

この言葉は初対面の相手に投げかける言葉としては非常に強すぎる危険な言葉なんですが・・・
それらの言葉を本人その人には無関心を装って投げかけることによって女が持つ強力な警戒心を素通りし素直に受け取ってもらえるのです。

相手としては・・・
「可愛いって言ってるけど、私には感心なさそうだし・・・」
と思うわけです。

そして、あなたの感心しているかのような表情を見て女は・・・
「この人が私のことを見た印象・抱いた本心をそのまま口に出しているだけ・・・」
だと、無意識レベルで感じることになるんです。

ここまで来れば、女は・・・
「私はこの人から可愛いと思われている」
「私はこの人から綺麗だと思われている」
と、あなたとの今後の付き合いの中では常に感じられるようになり、そしてその意識が時間と共に次第に大きくなっていきますからね。
女はあなたの存在を好意的に感じ、その思いはその後も常に女の先入観となってあなたとの関係に付きまとうことになるわけです。

そして、この効果はこれらの言葉じゃなければ駄目だということではありませんよ。
つまり、相手が言われて悪く捉えない言葉であれば、その言葉を自然にキッパリと言い切ればいい。
それが類似効果を生み出しますから覚えておいてください。
本来、可愛い・綺麗なんて言葉をヘタに使ってしまうとかなりの確率で女に警戒心を与えてしまうことになるわけですが、これらの言葉を効果的に利用する・・・

つまり・・・本来その言葉が持つ意味をそのまま女に受け取ってもらうことが出来ればそれだけで凄まじい効果を得ることが出来るんです。

この方法は、女の聴覚・視覚を効果的に利用した方法で、ここでは「可愛い」「綺麗」という言葉を使って説明していますが、コミュニケーション全般において頻繁に利用しなければならない、最も効果的な「話法」でもありますからね。
話の軸がぶれてしまいますので多くは語りませんが・・・
その言葉が持つ本来の意味をそのまま相手に受け取ってもらう
という事は、コミュニケーションにおいてはとても重要なことなんです。

人は相手から投げかけられた言葉を素直にそのまま聞くことは出来ない生き物です。
信頼関係が築けてない相手の場合だと尚更ですからね。

ですから、一瞬で自分の言葉や感情を素直に相手に受け取ってもらえてしまうのがコミュニケーションの達人だと言っても良い。

ここで説明した方法はもの凄く重要ですからね。
しっかりと身に付けてください。

このページの先頭へ